DHA・EPAの効果

私たちが生きていくうえで必要な栄養素がたくさんあります。

その中でも自らの体の中では作ることができない大切な栄養素の仲間であるDHAやEPA…よく聞くワードではあるけれどどんなものでどんな効果があるかはよくわからないという人が多いのでは?確かに体にはいいというのですが、どんなふうに?と言われると細かく説明できませんよね?DHAもEPAもヒトの体に必要な必須脂肪酸です。体の中では作れませんので食事などで摂取することになります。

ご存知の方も多いはずですがDHAやEPAは青魚に多く含まれているといいます。最近の食事では魚中心のメニューを置くことがポイントになっていますが、なかなか理想通りにはいきませんね。

またこれらを摂ると頭のいい子どもに育つとか言われていますが、効果はそれだけではありませんでした。DHAはコレステロールを減少させたり、EPAは血液サラサラ効果があるなど生活習慣病を防ぐ効果があります。

また脂肪を減らす働きがあるのでダイエット効果も期待できます。その上アトピーやアレルギー性鼻炎、花粉症などを緩和させる働きもあるのです。さらには生理痛を和らげたり、精神安定の効果もあるのでうつを抑える働きにも注目されています。

先ほど子どもが頭のいい子に育つというのがありましたが、脳の働きを活性化するので老人性痴ほう症などにも効果が期待されています。健康に関心のある人が増え、サプリや食事やそのほかの療法など取りざたされてはいますが、DHAやEPAも積極的に摂取することでいろんな効果が期待できますので、大いに食事で取り入れることをお勧めします。

また必須脂肪酸は自らの体内では作り出すことができないもの。特に妊娠中のおなかの中にいる赤ちゃんも同じです。細胞の分裂や胎児でいる時期の栄養摂取はお母さんが取り入れる栄養からですので、積極的に取り込む必要があります。

最近はお魚を中心にしたメニューが減ってきています。献立として上らない食生活の習慣が身に付くとあえて食べることが困難です。「青魚は食べれない」「どうやって調理したら?」など…。それを補うものとしてサプリがあります。食生活にもなるべく取り入れるよう工夫しながら足りない部分をサプリで補っていきましょう。