DHAについて

青魚に含まれる不飽和脂肪酸という栄養素をDHAといいます。マグロとかイワシに多く含まれるといわれています。マグロの眼窩の裏にあるゼラチン質の部分など豊富のようですね。

このDHAには様々な効果が期待できます。生活習慣病の予防として血中コレステロールを下げたり、中性脂肪を下げる働きがあります。これによって脳卒中や動脈硬化の発症のリスクを下げることができるのです。またもう一つ大事な働きに脳の活性化があります。

脳の発達において必要不可欠な栄養素であり、情報伝達の活性にも働きかけ判断力や集中力のアップにつなげます。また脳の発達と並び痴ほう症の予防、防止効果にも期待できるということで注目されています。高齢になった両親にサプリとして飲ませているという話も珍しくはありません。

また子どもの脳の発達にも働きかけをするというので、小さいうちから飲ませていたり、胎児の発達段階からということで妊婦さんが飲んでいるのも少なくはありませんね。そして脳よりも高濃度のDHAが存在しているのが目の中といわれています。

マグロの眼窩の件で思い出しました…。網膜や視神経に必要な栄養素でもあり視覚からの情報を脳へ伝達するためにも必要です。また花粉症やアトピーの症状が軽くなった、改善されてきたという声もよく聞きますが、アレルギー抑制の効果も大いにあります。

1日の摂取の目安は1gから1,5gです。本来の食事からなら1日おきにイワシ2匹とかマグロの刺身4,5切れを摂る程度でよいとのことです。ただし良質な青魚を選ぶようにしましょう。魚の脂肪は酸化しやすいので大量に摂りすぎることは避けたほうがいいですね。

古くなったものをたくさん食べるとガンの促進や老化につながるといわれています。また血液サラサラ効果もいきすぎると血液の凝固機能が低下しますので摂取量はチェックしたほうがよさそうです。

サプリメントでも同様のことが言えます。なるべく自然に近いものを選んで、使用上の注意を守って摂るようにしましょう。