えがおのDHA・EPA

かつて日本人の食事といえば魚が主な食材の一つとなっていましたね。海に囲まれた国土は豊富な食材の宝庫です。その中でさまざまな食文化がうまれ私たちの健康を維持する役割を担ってきました。

最近日本食が世界無形文化遺産となりましたが、味わいや美しさだけではなくその食材が持つ栄養素をしっかり生かした食事そのものが注目されているということでしょう。

でも残念なことに年々素朴な和食中心の食事は変化してきていて、魚より肉中心のメニューが普段の食事風景ではないでしょうか。長寿や健康を支えていた食事は欧米化した食事へと変化することで、私たちが抱える体の変調や病気のリスクが高くなってきたとも言えます。

食卓への登場が少なくなった魚に含まれるDHA、EPAはその脂肪の質や栄養素が優れていて私たちの体に多大な影響を及ぼしすものです。DHAは考える力や頭の冴えをサポートする機能があります。情報伝達機能に働きかけ「うっかりミス」「ぼんやり感」を改善していくといわれています。

DHAがブレインフードと呼ばれるのはそのためです。EPAはDHAのようにストレートに脳に働きかけることはありませんが、血流をスムーズにすることでほかの栄養素を体内に巡らせるサポートをしています。

血液がサラサラになれば高血圧や動脈硬化などを予防したり、細胞の働きを活発にすることによって各機能も活性化しますので、結果的には脳の働きもサポートすることになりますね。

えがおのDHA・EPAはそんなすぐれた働きをするDHA、EPAを中心にホスファチジルセリンやホスファチジルコリンといった栄養素が脳のひらめきや記憶へのサポートをはかり、ビタミンEが若々しい体をサポートし、アスタキサンチンが肌のざらつきを防いで体もお肌もはつらつとしていられる毎日をサポートします。

さまざまに違った働きをする栄養素がお互いにそのパワーを発揮できる配合になっています。健康な毎日を送るための大事な栄養をえがおのDHA・EPAで摂取してみませんか。